記録

調査

  • マニラ
  • バンダルスリブガワン
  • コタキナバル
  • クアラルンプール
  • ヤンゴン
  • マンダレー
  • ジャカルタ
  • スラバヤ
  • ジョグジャカルタ
  • ハノイ
  • ホーチミン
  • シンガポール
  • プノンペン
  • ビエンチャン
  • バンコク
  • チェンマイ
Latest Report シンガポール
(2016.11.08 - 11.11)

記録

企画会議

掲示板

[プレイベント3レポートUP]2017年1月に開催したプレイベント第3弾特別上映+トークショー「映画から見るシンガポール・マレーシアのアイデンティティ」のレポートをアップ!映画2本の上映のほか約1時間のトークショーを実施した本イベントでは、映画の内容を入り口に美術や舞台芸術からも話題を広げ、マレーシアとシンガポールにおける「アイデンティティー」の一端について触れました。トークショーの内容を是非ご覧ください。
イベントレポートはこちらから。

2017.03.06

[プレイベント2レポートUP]2016年9月に開催したプレイベント第2弾「ヘリ・ドノによるパフォーマンス&トーク+SEAプロジェクト報告:インドネシア編」のレポートを公開!インドネシア現代美術を牽引するヘリ・ドノ氏によるパフォーマンスとトークのほか、SEAプロジェクト調査で森美術館・国立新美術館のキュレーターが肌で感じたインドネシア美術事情について紹介します。
イベントレポートはこちらから。

2017.03.01

[調査レポートUP]SEAプロジェクト・キュレトリアルチームは、2回目のブルネイ調査を終えたのち、マレーシア・クアラルンプールへと向かいました。第2回目となるマレーシア調査において、キュレトリアル・チームは何を感じたのでしょうか?森美術館・国立新美術館のキュレーターによる調査レポートを是非お楽しみください!
調査レポートはこちらから。

2017.01.30

[調査レポートUP]SEAプロジェクト・キュレトリアルチームは、9月に開催したプレイベント2を終えてすぐ、ブルネイを訪れました。2回目の調査となるブルネイでは、協働キュレーターのマーブ・キュレーターを中心に、ブルネイの現代美術事情についてより深く踏み込んでいます。森美術館・国立新美術館のキュレーターによるブルネイ調査レポートを是非お楽しみください!
調査レポートはこちらから。

2017.01.25

[調査レポートUP]SEAプロジェクト最後の調査として訪れたシンガポールでは、5回目となるビエンナーレが開催されていました。キュレーターの目にシンガポール・ビエンナーレ2016はどのように映ったのでしょうか。森美術館・国立新美術館のキュレーターとマレーシアのインディペンデント・キュレーターによるシンガポール・ビエンナーレ2016レポートをお楽しみください!
調査レポートはこちらから。

2017.01.18

エイ・コー氏(ミャンマー)、チョウ・イー・ティン氏(ミャンマー)、Arahmaiani氏(インドネシア)の3名が、在シンガポール米国大使館主催の「ジョセフ・バレスティア賞2017 」にてフリーダム オブ アート賞を受賞。フリーダム オブ アート賞は、自由をテーマに制作活動を行う、東南アジアのアーティストとキュレーターに贈られるもの。1月12日から15日まで行われたアートフェア、「アート・ステージ・シンガポール2017にて発表された。 参照記事はこちら

2017.01.20

シンガポール・ビエンナーレ2016の参加作家、パナパン・ヨドマニー氏(タイ)が第11回ベネッセ賞を、ズルキフリ・ムハメド氏(シンガポール)が「福武總一郎特別賞」を受賞。詳細はこちら
*両氏の作品について、シンガポール・ビエンナーレ2016レポートでも触れられています。是非ご高覧ください.

2017.01.17

「TPAM—国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2017」(2月11〜19日)では、アピチャッポン・ウィーラセタクン(タイ)初の舞台作品『フィーバー・ルーム』、エコ・スプリヤント(インドネシア)の新作『BALABALA』など、東南アジアの舞台芸術の同時代を伝えるプログラムを多数上演。詳細はこちら

2017.01.06

nca | nichido contemporary artにて、『Tracing the past - タイのコンテンポラリーアートシーン - 』展開催中!タイに在住する4名のアーティストによるグループ展です。2017年1月14日(土) まで。詳細はこちらへ。

2016.12.19

MORE